美味しさをそのまま保つかにの解凍方法の秘訣

かに通販で扱われている多くの商品が冷凍かにです。

 

美味しさを保ちつつ解凍する秘訣をご紹介いたします。

 

 

 

劇的に進歩した冷凍技術

 

冷凍かにというと、品質が落ちると考える方が多いようです。

 

確かに、冷凍すると品質が落ちそうに思いますが、現在は状況が変わっています。

 

かつての冷凍は、冷たい風を当てることにより食品を凍らせていました。

 

冷たい風を食品にあて冷凍させると、凍るスピードが遅いため、氷の結晶が大きくなってしまいます。

 

すなわち、食品の組織が破壊され食感などが劣化してしまうのです。

 

現在の冷凍技術では、食品に直接風を当てず冷凍できるようになっています。

 

このことにより、一気に食品を凍らせることができるようになりました。

 

つまり、氷の結晶で組織を破壊せず、食感などを保ったまま冷凍できるのです。

 

 

 

品質の劣化は解凍の失敗?

 

全ての冷凍かにが以上の方法で冷凍されているわけではありませんが、いずれにしても冷凍技術は驚くほど進歩しています。

 

購入者が正しく解凍すれば、冷凍かにでも美味しくいただくことができます。

 

人によっては、冷凍していないかにと見分けがつかない程というくらいです。

 

しかし、解凍方法を誤ると、せっかくのかにが台無しになってしまいます。

 

冷凍かにの品質を落としているのは、解凍方法を知らない購入者であることがほとんどです。

 

 

 

正しい解凍方法

 

冷凍かには正しい方法で解凍することが重要です。

 

解凍は冷蔵庫の中で時間をかけて行います。

 

室温で急激に解凍すると、旨みや水分が流れ出るので、パサパサの美味しくないかにになってしまいます。

 

旨みやみずみずしさを保ちながら解凍したい方は、半日から1日かけてゆっくり解凍を行いましょう。

 

解凍時は、乾燥を防ぐため、新聞紙やキッチンペーパーなどで包むことをお勧めいたします。

 

時間が経過すると水分が染み出てきますが、これはかにの水分ではなく、冷凍時に乾燥を防ぐため作った氷の膜が溶けているだけです。

 

かに1匹を姿のまま解凍する場合は、お腹を上にして解凍してください。

 

お腹を下にすると味噌が流れ出てしまいます。

 

解凍は食べる分だけが基本です。

 

再冷凍は品質を落とすので出来るだけ控えましょう。

 

かに鍋は半解凍程度でも大丈夫です。

 

焼きかにの場合は、完全に解凍させてください。

 

 

 

以上のポイントに気を付ければ、おいしさを保ったまま解凍できるはずです。

 

かにの美味しさに大きな影響を与えるので、面倒でも正しい解凍方法を実践してください。



失敗しないカニ通販の人気実際レビュー写真付き↓↓




評判のかに通販
人気のカニ通販ランキングはコチラ