毛ガニの上手なさばき方をわかりやすくご紹介!

冬の味覚「毛ガニ」を楽しみにしている方は多いはずです。

 

しかし、さばき方が難しいですよね。

 

実はコツさえ知っていれば簡単にさばくことができます。

 

ここではそのポイントをご紹介いたします。

 

 

 

毛ガニのさばき方

 

毛ガニをさばくために必要な工程は、身を取りだしやすいように解体することと、身を取り出す作業だけです。

 

以上の作業に必要な道具は以下の通りです。

 

・キッチンバサミ
・軍手
・新聞紙

 

細かな作業が多いので包丁よりもキッチンバサミがお勧めです。

 

軍手は手の怪我や汚れを防ぐために使用します。

 

気にならなければ、必ず必要というわけではありません。

 

同じく、新聞紙もお部屋の汚れを防ぐものです。

 

代用できるものがあれば新聞紙でなくてもかまいません。

 

 

 

毛ガニの足を切り離す

 

毛ガニをさばく工程は、足を切り離す作業から始めます。

 

毛ガニを裏返し、腹の部分を上に置きます。

 

足の付け根(関節部)が見えるはずなので、そこにハサミを入れ切り離します。

 

慣れている方は、素手で行うこともできます。

 

この場合は、足の関節をぐるりと回すようにすれば足が切り離せます。

 

 

 

毛ガニの甲羅を取り外す

 

全ての足が取り外せたら、甲羅を取り外します。

 

お腹のように見える部分に、ふんどし(前掛け)があるはずです。

 

そこに親指を差し込み取り外します。

 

ふんどしを取り外すと、付け根に穴が空くはずです。

 

そこから親指を入れ甲羅を取り外します。

 

甲羅の中には沢山の味噌が入っているのでこぼれないように気を付けてください。

 

お腹を上にすると味噌がこぼれません。

 

身の詰まった胴側にも、味噌がついているはずです。

 

これらをスプーンなどでかき集め、甲羅に移しておきましょう。

 

最後に胴側の両端についているエラを取り外し解体終了です。

 

 

 

足の身を取りだす

 

続いて足の身を取りだします。

 

切り離した足の関節部にハサミを入れ、さらに解体します。

 

ここでも柔らかい関節部にはさみを入れると簡単に切り離せます。

 

切り離した足の毛が少ない部分(裏面の柔らかい部分)からハサミを入れ、殻を取り外します。

 

あとは簡単に中の身を取りだせるはずです。

 

 

 

胴の身を取り出す

 

最後に胴の身を取りだします。

 

目と目の間からハサミを入れ、二つに切り離します。

 

足の付け根に身が詰まっているので、付け根に沿ってハサミを入れていきます。

 

切り離せたら、中の身を取りだし終了です。

 

 

 

毛ガニはタラバガニなどに比べると小さいので、細々した作業が多くなります。

 

しかし、味覚的には大変優れているので、作業する価値はあるといえるでしょう。

 

コツさえ抑えれば短時間でさばけるので、毛ガニのさばき方に挑戦してみてはいかがでしょうか。



失敗しないカニ通販の人気実際レビュー写真付き↓↓




評判のかに通販
人気のカニ通販ランキングはコチラ