タラバガニの簡単なさばき方をご紹介いたします

タラバガニはさばき方が難しいかにに分類されます。

 

しかし、基本は他のかにと同じです。

 

コツさえ抑えれば簡単にさばくことができます。

 

 

 

タラバガニをさばくポイント

 

さばくことが難しいといわれる理由は、タラバガニは身体が大きく、トゲが鋭く、甲羅が硬いからです。

 

確かに、ズワイガニや毛ガニなどに比べると難易度は高いですが、さばくことが難しい理由を理解しておくと対策を立てることができます。

 

基本の工程は、タラバガニを解体し、身を取りだすだけです。

 

この作業の中で、鋭いトゲや硬い甲羅に注意すればよいのです。

 

 

 

用意したい道具

 

タラバガニを初めてさばく方は、キッチンバサミ、軍手、新聞紙を用意してください。

 

キッチンバサミは包丁でも代用可能ですが、甲羅が硬いので扱いにくい包丁はお勧めできません。

 

軍手は鋭いトゲによる怪我を防ぐために必要です。

 

新聞紙はお部屋の汚れを防ぐために必要です。

 

大きなカニをさばく場合は、余分に用意しておくと良いでしょう。

 

 

 

タラバガニの足を切り離す

 

以上の準備が整えば、タラバガニをさばきます。

 

最初に足を切り離しますが、甲羅が硬いので少し難しいかもしれません。

 

タラバガニを表向きに置き、ハサミを入れやすいように足を広げます。

 

続いて、足の付け根にある柔らかい関節部にハサミを入れます。

 

簡単に切り離せない場合は硬い部位にハサミが入っています。

 

柔らかい関節部を狙ってハサミを入れてください。

 

 

 

タラバガニの甲羅を取り外す

 

全ての足が取り外せたら胴を裏向けに置きます。

 

お腹のように見える部分に前掛けが付いているので、この中に親指を差し込み取り外します。

 

前掛けを取り外すと、前掛けの付け根に穴が空くはずです。

 

そこから親指を入れ甲羅を取り外します。

 

タラバガニはゆでる前に味噌を抜いているので、甲羅の向きは気にしなくてかまいません。

 

甲羅を取り外したら、身の詰まった側の両端についているエラをすべて取り外します。

 

以上で解体は終了です。

 

 

 

足の身を取りだす

 

ここからは身を取り出す作業です。

 

足の身を取りだしやすいように、足の関節にはさみを入れ切り離します。

 

この時も柔らかい関節部分にはさみを入れます。

 

切り離せたら、足の裏側(とげが少なく白い面)からハサミを入れ、殻を取り外します。

 

この作業を繰り返し、すべての足の身を取りだします。

 

 

 

胴の身を取りだす

 

続いて胴の身を取りだします。

 

この作業が最も難しいといわれています。

 

胴は真ん中(目と目の間)から二つに切り離します。

 

切り離した胴の足の付け根部分に身が詰まっています。

 

足の付け根から胴の中心に向かい浅い溝が走っているので、この溝に沿ってハサミを入れます。

 

全てを取り外したら、各部位の真ん中(先ほどハサミを入れた方向と同じ側から)にはさみを入れ二つに切り離します。

 

あとは中の身を取り出すだけです。

 

 

 

以上のさばき方でタラバガニの身をきれいに取り出すことができます。

 

コツさえ抑えれば簡単なので、ぜひお試しください。



失敗しないカニ通販の人気実際レビュー写真付き↓↓




評判のかに通販
人気のカニ通販ランキングはコチラ